Medical examination at a baby
Medical examination at a baby

ほどとんどの確率で新生児にみられる乳児湿疹…
この乳児湿疹に『馬油』が効果的だと聞きましたが実際のところはどうなのか気になっている方も多いのではないでしょうか!?

ここでは、乳児湿疹の赤ちゃんに馬油は本当に効果があるのか、またはどのような効果があるのかをご紹介したいと思います。

馬油とは?

昔から馬油は、火傷、肌荒れ、ひび、あけぎれ、切り傷、痔などの民間治療薬として広く知られています。
また食用にも使えるように副作用がないと言われ医師の処方がなくても安心して用いられてきました。
漢方を扱う病院でもアトピーやニキビのなどの治療薬としても処方されています。
この馬油の特徴を一言で言えば

人間にとって最も優れたスキンケア成分である皮脂(角質層の細胞間脂質)にもっとも近い成分の自然な油脂であることです。

肌の細胞間にある脂質の主成分はセラミドで肌のキメを整え、潤いを保ち、外部からのあらゆる刺激から肌の内部の組織を守る大切な役割を果たしています。

馬油はお肌との相性が非常に良く、馬セラミドが肌の角質層まで浸透し不足する脂質を補いお肌を健やかに保ちます。

乳児湿疹に馬油が効果的な理由

低刺激で保湿能力が高いのが乳児湿疹に効果的な結論です。
馬油には子供用、大人用と分かれて販売されてることもありますが、特に子供用じゃないといけないという事はありません。

ただ注意が1つあります。それは…塗り過ぎです。馬油は非常に伸びがいいため少量で効果がでます。
浸透性がいいといことは多量の馬油を塗ると子供の本来の保湿能力の向上を妨げる原因になります。大人は皮膚の構築は完成してますが子供は今から構成していくのでその妨げになる可能性があります。塗布量は気を付けましょう。

湿疹だけでなく乾燥肌にも効果があり馬油は重宝されてる保湿剤です。
基本的には赤ちゃんの保湿は赤ちゃんのために考えられ赤ちゃんのための保湿クリームの方が個人的にはオススメです。

乳児湿疹にはアロベビーミルクローションがオーガニックで赤ちゃんも思わず笑顔になりますよ♪